Home 研 究 会 報 規 約 組 織 連 絡 Link


◎研究主題

 「自然と人間との調和をめざし、未来を創造する力を育む理科教育」

〇研究仮説
 自然と関わり合うことで、目的意識や課題意識をもち、
自他の学びを自らの学びに機能させることを積み重ねることによって
知的探究心がふくらみ、未来を創造する力を育むことができる。

主題解説(PDF)


〇研究の方法 〜4つのアプローチ〜
  @教育課程と学習内容からのアプローチ
    →未来を創造する力を育む教育課程、生徒の実態を考慮した指導計画の検討
     日常生活の関連、理科を学ぶ有用性

  A学習活動や学習形態の工夫からのアプローチ
    →直接体験、継続観察、コミュニケーション活動、情報活用、
     学び方、言語活動

  B教材、教具や観察・実験の工夫からのアプローチ
    →自然を総合的に捉える教材・教具、生徒自身が探究につながることができる操作性の高い教材・教具、
     直接体験とICT活用との相乗効果

  C学力観及び学習評価からのアプローチ
    →自他の学びを自らの学びに機能させる評価の工夫
     生徒自らが自身の状況を捉え、次の学びへいかすための自己評価・相互評価



あゆみ  研究大会  研修会  研究情報  各地区情報  ユースネット